ニュース

国内女子廣済堂レディスゴルフカップの最新ゴルフニュースをお届け

天沼知恵子が5年ぶりの優勝!古閑美保と大山志保が2位タイ

千葉県の千葉廣済堂カントリー倶楽部で開催されている、国内女子ツアー第11戦「廣済堂レディスゴルフカップ」の最終日。熾烈なトップ争いが繰り広げられ勝利の行方が最終18番までもつれる中、天沼知恵子が通算7アンダーで5年ぶりの優勝を挙げた。

天沼は、出だしの1番でボギーを叩き嫌なムードが漂ったものの、その後をパーでしのぐ我慢のゴルフを展開。最終18番では、同組でラウンドした古閑美保大山志保の2人が先にバーディを決め、一時6アンダーで並ばれたものの、最後にバーディパットを沈めて逃げ切った。「嬉しいです。言葉が出ない心境ですね。大山さんと古閑さんと、3人で集中し合えたのが良かったです。凄く戦ったなあ、という実感があります。ラウンド中はこの5年間のことが頭をよぎりました。優勝争いの緊張感も気持ち良かったです」

通算6アンダーの2位タイには、5バーディ、2ボギーでラウンドした古閑と、最終的に2つスコアを伸ばした大山が入った。

注目選手では、飯島茜が3バーディ、1ボギーと2つスコアを伸ばし、通算4アンダーの単独4位に入った。「今日は優勝を目標に1打1打集中していきました。ショットが良くてバーディチャンスも多かったのですが、パットでラインを読み間違えたのが痛かったですね」

女王不動裕理も3バーディ、2ボギーと1つスコアを伸ばしたが、上位陣をとらえるまでには至らず、通算2アンダーの単独6位でフィニッシュ。「今週は全部が噛み合いませんでしたね。唯一、ロングパットが数多く決まったのだけが良かったです。来週は優勝のきっかけになるような試合に出来ればと思います」

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 廣済堂レディスゴルフカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。