ニュース

国内女子ヴァーナルレディースの最新ゴルフニュースをお届け

苦手なアイアンを捨てFWを入れた小川あいがトップタイに!横峯さくら23位タイ

国内女子ツアー第9戦「ヴァーナルレディース」が、福岡県の福岡センチュリーゴルフクラブで開幕。初日トップに立ったのは、まだ優勝経験のない小川あいと李知姫(韓国)。距離が長いコースで、各選手がスコアメイクに苦しむ中、5アンダーまでスコアを伸ばし、トップに並んだ。

10番からスタートの小川は、11番から連続バーディを奪うと、その後もコンスタントにバーディを重ね、前半5アンダーで折り返した。後半に入ってからは、2バーディを奪うも、1ダブルボギーを叩いてしまい、その結果5アンダー。李知姫と並んで、トップに立った。今大会から苦手のアイアンを減らし、フェアウェイウッドを多く入れた小川。「距離の長いコースでも、精神的にも安心してラウンドが出来ている」とコメントし、初日を終えている。

<< 下に続く >>

女王不動裕理は、1番からのスタート。前半で3バーディ、ノーボギーと好発進を見せたものの、16番のロングホールで、1打目が岩に当たるアクシデント。ロストボールとなってしまい、再びティグラウンドに戻って打ち直しとなり、このホールダブルボギーとしてしまった。続く17番でも、流れを取り戻せずボギー。結局1アンダーの10位タイとした不動は、「何事も終わってみないと分かりませんね」とラウンド後コメントを残した。

一方、横峯さくらは、1バーディ、1ボギーのイーブンパーの23位タイ。また、3位タイには4アンダーで、地元で今大会自宅から通っている米山みどり大場美智恵がつけて、明日の2日目を迎える。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 ヴァーナルレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!