ニュース

国内男子コカ・コーラ東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

深堀が7アンダー首位発進!石川、ビジェガスは・・・

国内男子ツアー第16戦「コカ・コーラ東海クラシック」が、愛知県の三好カントリー倶楽部 西コースで開幕。前日までの雨の影響もあり、グリーンは柔らかい状態のためピンをデッドに狙いたいところだが、ピン位置が左右の難しい位置に切られていたため、アンダーパーでラウンドした選手は26名にとどまった。

初日首位に立ったのは7アンダーをマークした深堀圭一郎。10番からスタートした深堀は11番から3連続バーディを奪うなど快調にスコアを伸ばした。後半1番でボギーを叩いたが、苦手な2番、3番をパーで切り抜けると、7番パー5では残り249ヤードの2打目で3番ウッドを使用しイーグルを奪った。

「3番ウッドは10数年同じのを使っていましたが、新しいのにして自信を持って打てるようになりました。狙ったところに打ち出していけるので大きなアドバンテージです。クラブを替えてよかった」。三好では「68」が最高だったが、「65」をマークし大満足という深堀は2位に2打差をつけている。

単独2位は5アンダーのブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)。単独3位は上がり3ホールで3連続バーディを奪った谷口徹の4アンダー。3アンダー4位タイには池田勇太武藤俊憲横尾要など5人が並んでいる。

大会2連覇を狙うカミロ・ビジェガス(コロンビア)は、パットが決まらず2バーディ、2ボギーのイーブンパーで27位タイと静かなスタート。大会ホストプロとして出場している石川遼は、終盤の8番パー3でダブルボギーを叩き、3オーバー67位タイと少し出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 コカ・コーラ東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。