ニュース

国内男子HEIWA・PGM CHAMPIONSHIPの最新ゴルフニュースをお届け

星野陸也が「63」で単独首位発進 大岩龍一ら1打差 石川遼は16位

◇国内男子◇HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 初日(27日)◇PGM石岡ゴルフクラブ(茨城)◇7039yd(パー70)

地元茨城出身の星野陸也がボギーなしの7バーディ「63」をマークし、7アンダーの単独首位で滑り出した。トップに立つのは6月「BMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」の第3ラウンド以来。佳境に入る賞金レースでランク11位から浮上を狙う26歳が、今季初勝利を目指す。

<< 下に続く >>

1打差の6アンダー2位に大岩龍一ディラン・ペリー(オーストラリア)。5アンダー4位に昨季賞金王のチャン・キム木下裕太イ・サンヒ(韓国)、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)、植竹勇太が続いた。

4アンダー9位には中島啓太岩田寛時松隆光宮本勝昌片岡尚之ら7人が並んだ。

石川遼は4バーディ、1ボギーの「67」でプレーし、大会連覇がかかるチェ・ホソン(韓国)、今季1勝の大西魁斗らと並ぶ3アンダー16位。

賞金ランキングトップを走る比嘉一貴は、いずれもホストプロの宮里優作香妻陣一朗らとともに2アンダー29位でスタート。同じくホストプロの池田勇太は2バーディ、1ボギーの「69」で回り、1アンダー43位で初日を終えた。

<初日の主な上位成績>
1/-7/星野陸也
2T/-6/大岩龍一ディラン・ペリー
4T/-5/木下裕太イ・サンヒブラッド・ケネディ植竹勇太チャン・キム
9T/-4/小田孔明時松隆光片岡尚之岩田寛宮本勝昌トッド・ペク中島啓太

関連リンク

2022年 HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!