ニュース

国内男子三菱ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

星野英正が完全優勝に王手! 片山晋呉が3打差で追う

兵庫県にある東広野GCで行われている、国内男子ツアー第7戦「三菱ダイヤモンドカップゴルフ」の3日目。朝から雨が降り続ける悪天候に見舞われたが、風が穏やかだったこと、軟らかくなったグリーンの影響もあり、スコアを伸ばす選手が続出。上位は混戦の様相を呈した。

その状況でも、初日から単独首位を走る星野英正は「久々の優勝争いなのに、焦りがまったくない」と最後まで冷静にプレー。2位タイで迎えた最終18番も3.5メートルのバーディパットを沈め、通算8アンダーの単独首位でホールアウトした。「明日も混戦になるのは間違いないでしょう。相手を見ず、自分のプレーに徹します。トップだけを見て、頭(優勝)を獲りに行きたいですね」と、最終日へ向けて意気込みを語った。

通算7アンダーの2位タイに、「66」をマークして5位タイから浮上したプラヤド・マークセン(タイ)と、3バーディ、ノーボギーでラウンドしたポール・シーハン(オーストラリア)。通算6アンダーの4位タイに、ともにツアー未勝利の岩田寛甲斐慎太郎が浮上した。

永久シード獲得まであと1勝に迫っている片山晋呉は、前半に1ストローク落とすも後半に4バーディを奪い、通算5アンダーの6位タイ。「舞台は整ったね。あとは逆転するだけ」と、首位と3打差で最終日を迎える。また、2位タイでスタートした谷原秀人は、この日「73」とスコアを崩し、通算2アンダーの13位タイに後退。2週連続勝利は難しい状況となった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 三菱ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。