ニュース

国内男子マンシングウェアオープンKSBカップの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は大きく出遅れ。佐藤と谷原が首位に立つ

2008/05/22 19:57


岡山県にある東児が丘マリンヒルズGCで行われている国内男子ツアー第6戦「マンシングウェアオープンKSBカップ」の初日。“晴れの国岡山”と言われるだけあって、この日も朝から明るい太陽が顔を出し、半袖でも汗ばむ程の陽気となった。

昨年は石川遼が史上最年少でツアー優勝を果たした今大会。ディフェンディングチャンピオンの石川を一目見ようと、会場には7,533人のギャラリーが訪れた。

しかし、石川は第1ホールの第1打が大きく右へ出てOBとなってしまう。この幸先の悪いスタートが石川の一日を暗示していたかのように、その後もドライバーショットが安定せず、この日は2バーディ2ボギー3ダブルボギーの通算6オーバー、順位は144人中130位タイと大きく出遅れてしまった。

初日を終え、通算7アンダーで首位に立ったのは谷原秀人佐藤信人の2人。「リストを使ってクラブヘッドを動かそうというのが今日のテーマだった」という佐藤と、「ショットの調子はこんな感じで、下りにつけると読みにくいので、上りにつけようと思った」という谷原。共に7バーディノーボギーの完璧なゴルフを見せている。

通算6アンダーの3位タイには中嶋常幸の実子、中島雅生と、清田太一郎の2人が続いている。昨年2位に入り、アマチュアの石川の優勝によって、優勝賞金と同額を獲得した宮本勝昌は通算5アンダーの5位タイ。2週連続優勝と永久シード獲得となる通算25勝目を狙う片山晋呉は通算4アンダーの7位タイと、上位は混戦となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 マンシングウェアオープンKSBカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。