ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

金谷拓実が死闘プレーオフ制してプロ初勝利 石坂友宏は惜敗

◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 最終日(22日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎)◇7042yd(パー71)

首位と1打差の3位から出た金谷拓実が通算13アンダーでトップに並んだ石坂友宏との“学生プロ同士の対決”となったプレーオフを制した。4ホール目で石坂はパー、金谷がバーディを奪い、プロ初勝利を挙げた。国内ツアープロ3戦目での優勝は1999年以降では松山英樹の2戦目に次ぐ記録となった。アマチュア時代の2019年「三井住友VISA太平洋マスターズ」に続くツアー通算2勝目。

<< 下に続く >>

正規のホールで金谷は3バーディ、1ボギーの「69」、石坂は3バーディ、2ボギーの「70」でプレーした。

首位タイから出た大槻智春は「71」と伸ばせず、稲森佑貴と並んで通算12アンダー3位に終わった。通算11アンダー5位にチャン・キム木下稜介が並んだ。

17位から出た石川遼は1イーグル6バーディ、4ボギーの「67」で回り、ともにアマチュアの米澤蓮(東北福祉大3年)と中島啓太(日体大2年)、池田勇太星野陸也らと並んで通算9アンダー8位に入った。

<上位成績>
優勝/-13/金谷拓実
2/-13/石坂友宏
3T/-12/稲森佑貴大槻智春
5T/-11/チャン・キム木下稜介
7/-10/岩田寛
8T/-9/米澤蓮(アマ)、中島啓太(アマ)、石川遼池田勇太星野陸也ガン・チャルングン

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!