ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

悪天候によりサスペンデッド 秋吉ら暫定首位、松山43位

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目(9日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262 yd(パー70)

悪天候によるコースコンディション不良のため午後0時48分に中断。その後も天候は回復せず、全選手が第2ラウンドをホールアウトできないまま同2時30分にサスペンデッドが決定した。再開は翌10日(土)の午前8時を予定。第2ラウンド終了後に予選カットを行い、同日に第3ラウンドを行って72ホールの消化を目指す。

暫定ながら通算7アンダーで首位に立つのは、秋吉翔太(12ホール終了)とパク・サンヒョン(韓国/10ホール終了)。通算5アンダーの暫定3位に、12ホールを終えて3つ伸ばした藤本佳則がつけている。

賞金ランキングトップを走る今平周吾(10ホール終了)は通算3アンダーの暫定7位タイ。17位スタートの松山英樹はアウト9ホールを終えて1バーディ、4ボギーと3つ落とし、通算2オーバーの暫定43位で再開を迎える。

73位から出た石川遼は10ホールを終えて1つ落とし、通算6オーバーの暫定67位としている。

【主な順位】(順位は暫定)
1T/-7/秋吉翔太パク・サンヒョン
3/-5/藤本佳則
4T/-4/ハン・ジュンゴンキム・スンヒョグウォンジョン・リー
7T/-3/今平周吾薗田峻輔重永亜斗夢岩田寛近藤智弘額賀辰徳 ほか

43T/+2/松山英樹 ほか
67T/+6/石川遼 ほか

関連リンク

2018年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~