ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

今平周吾が逆転でツアー2勝目 石川遼は5打差4位

2018/10/21 14:41


◇国内男子◇ブリヂストンオープンゴルフトーナメント 最終日(21日)◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉)◇7119yd(パー71)

首位と1打差の3位から出た今平周吾が7バーディ、2ボギーの「66」でプレーし、通算16アンダーとして昨年5月の「関西オープン」以来となるツアー2勝目を挙げた。上がり3ホールをバーディで締め、逆転勝利を手繰り寄せた。

首位から出た川村昌弘は「68」とし、1打差の15アンダー2位で終えた。

通算13アンダーの3位にセン世昌(台湾)。石川遼は4バーディ、2ボギーの「69」でプレーし、通算11アンダーの4位で堀川未来夢イ・サンヒ(韓国)と並んだ。

前年覇者の時松隆光は通算6アンダー15位。前週「日本オープン」を制した稲森佑貴は通算4アンダー22位で終えた。

<上位の成績>
優勝/-16/今平周吾
2/-15/川村昌弘
3/-13/セン世昌
4T/-11/石川遼堀川未来夢イ・サンヒ
7T/-10/浅地洋佑ソン・ヨンハン

関連リンク

2018年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~