ニュース

国内男子日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

復活かける近藤智弘が首位に浮上 石川遼は2戦連続予選落ち

2018/06/01 18:40


◇国内男子◇日本ツアー選手権森ビル杯 2日目(1日)◇宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇7384yd(パー71)

3アンダーの10位タイから出た近藤智弘が8バーディ、2ボギーの「65」をマークし、通算9アンダーとして単独首位に浮上した。近藤は40歳になった昨年、16年間守ってきたシードを喪失。今季は生涯獲得賞金上位25位の資格を行使して出場している。シーズン3回目の決勝ラウンドに最高の位置で進んだ。

「手応えはほとんどない」と近藤は言う。痛み止めを飲まなくても大丈夫なまでに腰の状態が回復したのは、わずか2週間前のこと。体の負担を考えて、アイアンシャフトを125gから90gへ、フレックスをXからSへと変えたのも4月上旬。「期待もしていない。結果だけがいい感じ」と他人事のよう。それでも、今週から「気分転換」で初投入したスコッティキャメロンのピン型パターが大きな武器になっているのは間違いない。この日はわずか21パット。「あすからもパッティング勝負でいけるようにしたい」と微笑した。

キム・ヒョンソン(韓国)と時松隆光が1打差の2位タイ。首位タイから出た重永亜斗夢は「69」にとどまり、ジュビック・パグンサン(フィリピン)と並ぶ7アンダー4位タイに後退した。

前週の「ミズノオープン」でツアー初勝利を飾った秋吉翔太は、今平周吾稲森佑貴らとともに3アンダー18位タイ。星野陸也は3位タイから2アンダー27位タイに順位を下げた。

初日101位と出遅れた石川遼は4バーディ、2ボギー1ダブルボギー「71」とスコアを伸ばせず3オーバーのまま70位で2試合連続の予選落ち。前年大会覇者の塚田陽亮も9オーバー113位で姿を消した。

前日、同大会への出場を今年限りと予告した中嶋常幸は「77」とし通算11アンダー118位で予選落ちした。

〈上位陣と主な選手の成績〉
1/-9/近藤智弘
2T/-8/キム・ヒョンソン時松隆光
4T/-7/J.パグンサン重永亜斗夢
6/-6/武藤俊憲
7T/-5/キム・キョンテ小林正則ソン・ヨンハンB.ケネディ堀川未来夢竹安俊也
13T/-4/市原弘大S.ノリス宮本勝昌大堀裕次郎ほか
18T/-3/上井邦裕稲森佑貴秋吉翔太今平周吾ほか
27T/-2/星野陸也Y.E.ヤン北村晃一ほか
32T/-1/片山晋呉永野竜太郎香妻陣一朗ほか
70T/+3/石川遼ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!