ニュース

国内男子日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

木下稜介が感嘆した“遼キャディ”の仕事ぶり

◇国内男子◇日本ツアー選手権森ビル杯 初日(31日)◇宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇7384yd(パー71)

プロデビューは2014年。だが、まだ賞金シードに入ったことがない木下稜介にとって、今週は初めてプロキャディにバッグを担いでもらう大会となった。初日を5バーディ、2ボギーの3アンダー「71」、10位で終えると、「自分で考えることが少なく、回りやすいように声をかけてもらった」と、真っ先に佐藤賢和キャディへの感謝の言葉が口をついた。

<< 下に続く >>

石川遼の専属キャディである佐藤氏だが、先週と今週は一時お休み中。そこで、青山充コーチのつてを頼りに、今週限定で依頼することになったという。「迷っているラインをはっきり言ってもらえたり、風も全部聞いたら、全部合っていました」と感嘆した。

その仕事はコース内にとどまらない。この日は午前7時14分のスタートだったが、験担ぎに近くの神社に寄ってからコースに行こうということになった。地図で検索して見つけたのはコース名と同じ宍戸神社。朝5時過ぎに向かったが、あまりにローカルな神社だったらしく、参道や階段のいたるところにクモの巣が張られていた。そのクモの巣を払ってくれたのも佐藤キャディ。二人で賽銭を置いてきて、初日のスタートを迎えた。

今年の「パナソニックオープン」では、初日に3位スタートを切ったが、終わってみれば23位。「初日が良くても、決勝ラウンドに入ると崩れてしまう。原因はショートゲームの甘さだと思う」と、初優勝への階段はまだ途上。プロキャディの力を借りて、一段でも上の世界へ到達したい。(茨城県笠間市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!