ニュース

国内男子パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

キム・ヒョンソン首位 片山晋呉が3差3位、石川遼59位

◇国内男子&アジア共同主管◇パナソニックオープン選手権 3日目(21日)◇茨木カンツリー倶楽部・西コース(大阪)◇7343yd(パー71)

首位と2打差の2位タイから出たキム・ヒョンソン(韓国)が5バーディ、1ボギーの「67」で回り、通算12アンダーの単独首位に浮上。2015年「トップ杯東海クラシック」以来の国内ツアー通算5勝目に前進した。

キムは関西人について「言うことがストレートで情がある」と、自分が育った韓国・釜山の人たちに似ているという。3年前から神戸市の六甲アイランドに自宅を移した。気分は地元で「家族も来ているし、ここで勝ちたい気持ちが強い」。今オフは週6日、朝5時半から夜9時までというハードな合宿を1カ月半続けてきた。その成果は確実に出始めている。「あすはスコアじゃなく、合宿でやってきたことを出すことだけ考えたい」と、単独首位から3年ぶりの勝利を目指す。

1打差の通算11アンダー2位に、2004年以来のアジアンツアー2勝目(国内ツアー初)を目指す39歳のラヒル・ガンジー(インド)。

片山晋呉は「70」と1つ伸ばし、首位と3打差の通算9アンダー3位。単独首位から出た星野陸也は「73」と落とし、通算8アンダーでハン・ジュンゴン、キム・シバン(ともに韓国)と並ぶ4位タイに下がった。

6バーディ、ボギーなしでこの日ベストの「65」で回った池田勇太が、48位から通算7アンダーの7位に浮上。5アンダーの11位から出た石川遼は2バーディ、3ボギー2ダブルボギーの「76」と崩れ、首位と12打差の通算イーブンパー59位に後退した。

<主な成績>
1/-12/キム・ヒョンソン
2/-11/ラヒル・ガンジー
3/-9/片山晋呉
4T/-8/星野陸也、キム・シバン、ハン・ジュンゴン
7T/-7/池田勇太パク・サンヒョンブレンダン・ジョーンズタンヤゴーン・クロンパベン・レオン ほか
14T/-6/川村昌弘久保谷健一出水田大二郎 ほか

59T/0/石川遼 ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。