ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルファー日本一の称号は誰の手に 石川遼の国内復帰戦

◇国内男子メジャー第3戦◇日本オープンゴルフ選手権競技 事前情報◇岐阜関カントリー倶楽部 東コース(岐阜)◇7180yd(パー70)

2017年の国内メジャー第3戦は12日(木)、岐阜県の岐阜関カントリー倶楽部で開幕する。日本ゴルフ協会(JGA)主催のナショナルオープン。2009年に「日本女子プロゴルフ選手権」が行われた当地での男子メジャー(レギュラー)が行われるのは、1973年に青木功が制した「日本プロゴルフ選手権」以来となる。

埼玉県の狭山ゴルフ・クラブで行われた前年大会は米ツアーで活躍する松山英樹が優勝し、日本で初のメジャータイトルを獲得。同大会から国内外で5戦4勝(うち1試合は2位)を挙げ、飛躍につなげた。今年は同週にマレーシアでの米ツアー「CIMBクラシック」に出場するため、ディフェンディングチャンピオン不在となる。

前週の「ホンマ・ツアーワールド・カップ」でシーズン3勝目を挙げた宮里優作は、賞金ランキングトップに返り咲いて、ビッグトーナメントが続くシーズン終盤戦を迎えた。5月の「日本プロ選手権 日清カップヌードル杯」に続く今季メジャー2勝目となれば、初のマネーキングに向け、さらに弾みがつきそうだ。

直近3年の同大会は、池田勇太が戦いの中心にいる。2014年からすべて最終日最終組を戦い、優勝、2位、2位と上位争いが続く。今季は米ツアーへのスポット参戦を経て、8月以降に2勝をマーク。一方で15年に優勝した小平智も、2週前の「トップ杯東海クラシック」を制して賞金ランク2位につけており、トップ選手の万全のプレーが期待される。

そしてこの秋、米レギュラーツアーで出場権を失った石川遼にとっては、今大会が日本ツアー復帰戦となった。5年間、主戦場とした舞台から一時撤退を余儀なくされた26歳は、ゴルファー日本一を決めるトーナメントで再スタートを切る。

<主な出場予定選手>
池田勇太石川遼今平周吾片岡大育片山晋呉キム・キョンテ小平智ソン・ヨンハン谷口徹藤田寛之藤本佳則宮里優作

関連リンク

2017年 日本オープンゴルフ選手権競技

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~