ニュース

国内男子 トップ杯東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉が1年半ぶりの首位発進 石川遼は3打差で3位

2015/10/01 16:18

2015年 トップ杯東海クラシック 初日 片山晋呉
2014年の「つるやオープンゴルフトーナメント」以来、約1年6カ月ぶりの首位発進となった片山晋呉【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 片山晋呉 -7 65
2 朴相賢 -5 67
3 重永亜斗夢 -4 68
3 小田龍一 -4 68
3 石川遼 -4 68
3 深堀圭一郎 -4 68
7 S-H.ペク -3 69
7 P.マークセン -3 69
7 S.ストレンジ -3 69
7 小田孔明 -3 69

スコア詳細を見る

◇国内男子◇トップ杯東海クラシック 初日◇三好カントリー倶楽部 西コース(愛知)◇7315yd(パー72)

ツアー通算28勝の片山晋呉が1イーグル、7バーディ、2ボギーの「65」をマークし、7アンダーで単独首位に立った。2013年の同大会を制している片山の初日首位発進は14年4月の「つるやオープンゴルフトーナメント」以来。

首位と2打差5アンダーの2位には、6バーディ、1ボギーの「67」をマークしたパク・サンヒョン(韓国)が続いた。国内ツアー今季2勝目を狙う石川遼は8バーディ、4ボギーの「68」でプレーし、深堀圭一郎重永亜斗夢小田龍一と並び、首位と3打差4アンダーの3位で滑り出した。

通算3アンダーの7位には昨季賞金王の小田孔明ら6選手が並んだ。前週「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」で今季4勝目を挙げ、後続に約5200万円の差をつけて賞金レースを独走するキム・キョンテ(韓国)は、5バーディ、3ボギーの「70」で回り、池田勇太らと並び、2アンダーの12位となった。前年覇者のキム・スンヒョグ(韓国)は4バーディ、5ボギーの「73」で、1オーバーの36位でスタートした。

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~