ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

20歳の新鋭が単独首位発進!松山英樹は上々の11位スタート

2014/11/20 15:25

◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 初日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7027ヤード(パー71)

賞金王レースは佳境を迎え、シーズンのフィナーレが近づく中、今季出場6試合目の20歳・稲森佑貴が9バーディ、2ボギーの「64」をマークして7アンダーの単独首位発進を決めた。今年9月のチャレンジツアーでプロ初優勝を飾り、国内男子ツアーで首位に立つのは、昨年の「VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント」以来2度目となる。

<< 下に続く >>

自分でも驚きの好スタートだ。鹿児島県出身でコース自体はよく知っており、2013年からここフェニックスで始まった「JGTOゴルフ強化セミナー」には初回から2年連続参加。大会の出場が決まったのは、直前日曜日の夕方だった。主催者推薦枠で出られることが確定すると、翌月曜日の朝7時に鹿児島の自宅を出発。9時半にはコースにいた。「まだ誰もいなくて、ガラガラで。練習しまくりました」と、思う存分チャンピオンコースを堪能。このコースでアンダーパーをマークしたのは初めてで、「まさか出るとは思わなくて、びっくりした」と目を丸くした。

「まだ先は長い。このスコアに浮かれることなく、明日も自分ができることを1打1打しっかりやっていこうと思う」。

1打差の2位にブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)。さらに1打差の5アンダー3位に賞金ランクトップを走る小田孔明が続いた。中嶋常幸川村昌弘山下和宏ら7人が4アンダーの4位タイで並んでいる。

日本ツアーは今季2試合目の出場となった松山英樹は7バーディ、4ボギー「68」。岩田寛のほか、前週の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で2位フィニッシュの武藤俊憲らと同じ3アンダー11位タイと上々の滑り出しを見せた。

米ツアーからの招待選手として出場のジョーダン・スピース池田勇太小平智近藤共弘らとともに2アンダーの17位タイ。賞金ランク2位の藤田寛之をはじめ片山晋呉ウェブ・シンプソンらが1アンダーの27位タイとなった。石川遼は2バーディ、2ボギー「71」で、藤本佳則らと並ぶイーブンパーの39位タイで初日を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!