ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ジョー尾崎が単独首位。9アンダー!

大雨の影響を受けて進行は大幅に遅延。水びたしのグリーンを必死でメンテナンスしての続行となった。初日は兄弟なかよく並んでいたが、今日は直道の一人旅。先週先々週と確かにいい感じだから、いよいよ3度目の正直となってもおかしくない。ただしジャンボ尾崎も地味にスコアを1つ沈めて決して悪くはない位置をキープ。

尾崎直道は出だし快調。1番2番、4番5番と連続バーディ。しかしその後から調子が狂った。 「6番7番8番と1メートル強を連続して外してしまった。自分でブレーキをかけてしまった。腹が立って、これが頭に残ってしまって、あとは沈黙だよ」と言う。
しかしパットがおかしくなってから雨で中断。幸いした。「それでパットのことは忘れて、のんびりパーセーブ狙いでいったら14番でひとつ入ってくれた。よしとしなければね」

ジャンボはバーディひとつだけ。あとはパープレー。こういうラウンドも珍しい。「体が弱ってるから。右手がつっこんでしまう。右手のフィーリングで打つタイプだからね、ショットが狙ったところとは違うところに飛んでしまうんだから」 このコースはアップダウンがあるけど、スコアのアップダウンはないな、と苦笑い。

日下部光隆が6バーディ、1ボギー。「賞金ランクの順位は思いっきり気にししてます」とか。現在かなり苦しい位置だが、この試合次第ではまだ可能性あり。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!