ニュース

国内男子国際オープンゴルフ東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

首位は外国勢。谷口、溝口らが追う

こんなことがあるんですね。2日目トップのカナダのR.トッドがなんと44.39の83。日本では94年のダンロップ優勝。アジアンツアー総合優勝もしたことのある人がこれだけ叩いてしまうこともある。一気に54位に転落。

B.ジョーブの場合は初日のトップを引いたのだから、逆転首位というかカムバック。34.35として3打を縮めての首位復帰。またB.ワッツもアウトで貯金を3つ作っての首位浮上。
「フェアウェイが狭いから、3Wを使うことが多い。ラフからではボールが止まらないからね。とにかくフェアウェイをキープすることが重要。ワッツ? コースは彼に合っているんじゃないかな。彼はドライバーを多く使っているけどね」とジョーブ。もちろん2人はよく知りあっている。

そのB.ワッツは「ドライバーの調子はいい。フェアウェイをとらえているよ。ま、明日だれが勝つかはわからないが、自分が勝てたらいいと思うね」
尻上がりに調子を戻しているS.ジョーンズは3日目、ボギーなしの5バーディ。「3日間54ホールの前半と後半は、まるでジキルとハイドだ。後半27ホールは10バーディ、ノーボギーなんだからね。ノーボギーというのがポイントなんだよ」 明日は爆発すると約束した。

丸山茂樹はアウトでひとつ後退し、インで取り戻してのパープレー。首位との4打差はまだまだ可能性十分だ。いくら「国際オープン」だからといって外国勢に初日からトップを走らせっぱなしは少し悲しい。期待していますよ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 国際オープンゴルフ東海クラシック




特集SPECIAL

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!