ニュース

国内男子ジーン・サラゼン ジュンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボ本領発揮の11アンダー首位!

フランコの望んだような輝く太陽ではなかったが、一応はお日様もカムバック。日差しの度合いに応じてかカルロス・フランコは1打貯金を増やしただけ。
丸山茂樹は自分に怒り狂っていた。こんどこそはと意気込んだジャンボとの対決は、一方的に敗退。対決というようなハイレベルの内容にもならなかった。36-38の74。

ジャンボ尾崎も決して満足はしていないはずだ。もっとスコアを伸ばせたはずだった。6バーディ、1イーグル、1ボキー、1ダボ。3番ロングのボギーは4パット。また最終18番のダボは「バンカーの砂が白すぎ、西日でまぶしくて」池入り。
「ティショットの安定性は抜群だった。それだけに18番のダボは痛かった。18番はプレッシャーがかかりすぎる。難し過ぎる。それにしても4パットをやって、ダボを打って、それでも11アンダーのスコア。なんという可能性のある男なんだろうね」とジャンボは半分自画自賛。

エレラは「良くないながらもなんとか堪えた一日」だった。それでも3アンダーの貯金を加えた。小達敏昭は「腰痛予防のために腹筋100回をやったおかげで腰の切れがよく、今日は振れた」という。ボギーなしの4アンダー。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 ジーン・サラゼン ジュンクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!