ニュース

国内男子サントリーオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

藤田寛之、4打差をつけてトップ快走

風がけっこう吹いた。ジャンボ尾崎は前半3バーディ。しかしインに入って伸びない。13番ショートでボギーとした他はスコアカード通り。
「何も言うことはないよ」と開口一番。「セミラフがドロップしそうに感じる。ドロップを計算しても、かからないこともあるんで、計算がしずらい。グリーン上でどうにかしなければいけないんだが・・・」と少し弱気。「明日は最終組だけど、見学に回るよ」とまで言った。もちろん、本気にしてはいけない。追い込みのジャンボは若手プロにとって恐怖の大王なのだから。まだまだ怖い。

藤田寛之が健闘している。アウト、インとも3バーディ。あいかわらずボギーなし。「3ラウンドもボギーなしなんて初めてです。別人がゴルフをやってるみたいで気持ちが悪い。でも、そろそボギーが出るような気がします」と藤田。 「こんなリードしての最終組は初めてです。一晩寝るといろいろ考えてしまいそうで、できるならこのまま36ホールやってほしいですよ」
明日はジャンボと一緒の最終組。「ギャラリーが多いでしょうね」と言う。このところギャラリーから声がよくかかるようになった。「嬉しかったです」

杉原輝雄はやはり無理だったみたい。続かなかった。「1番でバーディが取れない。2番では前の組でジャンボがバーディとってるのに、こっちは3パットのボギー。そこからリズムが狂ってしまった」とボヤイた。「それにしても藤田クンはうまいよ」と一言。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 サントリーオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!