ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

宮本勝昌、ジャンボに勝った!

雨と寒さにいじめられっぱなしだった日本シリーズ。最終日はようやく晴れたものの冷たい風とパー70というタフな設定のためスコアは相変わらず伸びず、優勝争いはバーディ奪取戦というよりガマン大会の様相を呈した。

ずっとガマンのゴルフを続けてきたB.ワッツが最後のハーフを40と一気に崩れた。勝負は9分9厘ジャンボ尾崎のものと思われたが、18番で「納得のいかない」ボギー。17番で起死回生のイーグルを放り込んだ宮本勝昌が最後でジャンボに追いつき、プレーオフ。4ホールの死闘の末にジャンボを下した。これで貴重な5年シード。来期以降はシードを気にせず悠々と米ツアーで戦い続けられる。

「鼻差ですかね。ゴール板過ぎてもまだやっていた感じでしょ。写真判定。嬉しいですけど、夢みたいです」と宮本。自分自身でも「すごかったですよね、ボク」と信じられない思いだ。「あんなゴルフ、ふだんはできないです。できないことをやってしまった・・・」
16番を終わった段階ではジャンボに3打差。優勝を半分諦めかけていた。「そしたら、まだ奇跡は起きるかもしれない、とキャディが言いだしたんです。実際、17番で入ってしまったし、その後もまだまだ!とボクの弱気を後ろから盛り上げてくれた。最後の最後まで支えになってくれました」

プレーオフも自信がなかった。「プレーオフで勝ったことがなかった。丸山センパイに負けて、片山晋呉に負けて、横尾要に負けて・・・。自信なんてもんじゃなかったです」
本当に緊張した。しびれっぱなしに、しびれた。しびれながら、ジャンボ尾崎に勝つことができた。「5年シード。神様がくれたのかな。アメリカへ行って思う存分やってこいって・・」 いいことばかりで、怖いですね、と最後に言った。

ジャンボ尾崎は釈然としない面持ちだった。勝てたはずの勝負が最後でコケた。プレーオフもずっと押し気味で推移していた。それなのに負けてしまった。「プレーオフ最後のバンカーショットも悪いショットじゃなかった。ただ砂が固いところで弾かれてしまった。今日のゴルフは、宮本が17番でチップインしなければ、なんでもない展開だったんだ。18番のボギーも納得いかない」
今日の敗退は「宮本への餞別だ」と言う。これでジャンボの獲得賞金は約1億8000万円。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1998年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。