ニュース

国内男子東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

首位は野上貴夫。横尾 要も好発進

今週は愛知県・三好CC西コースでの東海クラシック。海外からは粋なコスタンチノ・ロッカ、マーク・カルカベッキアが参加している。「もちろん勝つためにきたんだ」と明言していたロッカの初日はイーブンパーの出だしとなった。「予想どおり風が難しかった。しかし欧州ツアーで風はさんざん経験している。大丈夫」

初日をリードしたのは野上貴夫。「キャディがサングラスをしていた。それをかけると逆光のときはっきり見える。だいたいボク、乱視だったんだ」と野上は言う。サングラスのおかげで普段は迷いながら打っていた18番など傾斜がはっきり見えたとか。
「今週はやるよ。ここまでくればシード狙います!」と宣言した。

「前半はぜんぶバーディチャンスだった」と横尾要。ただし後半は一生懸命にパーを取りにいくラウンドだった。2バーディ、1イーグル、1ボキー。「ノーボギーなら100%のできなんですけど、まだ甘いな・・」

このところいいプレーを見せている湯原信光が今週も好スタートを切った。「可もなく不可もなしといった感じ。このコース、グリーンがベントに変わってからうねりが出ました。スコアが出しにくくなりましたね」

丸山茂樹もまずまずの出だしだし、ワッツも久しぶりといった感じ。顔ぶれがそろっている。

関連リンク

1998年 東海クラシック




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~