ニュース

国内男子アイフルカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

田中秀道、2年ぶりの勝利。ツアー3勝目!

1998/07/26 18:00


大本命と思われたジャンボ尾崎が信じられないような73を叩き、前日10位の田中秀道が66をマークして一気に大逆転。ツアー3勝目、2年ぶりの優勝でもあり、この大会の初代チャンピオンともなった。

田中はボギーなし。1番2番の連続バーディで波に乗り、インでもロングホールをしっかりバーディ。全部で6ホールを沈めた。「今年はいいゴルフができているのに、優勝のチャンスが訪れても 行けそうで行けないゴルフばっかりだった。自分でもツメの甘さを感じていた」という田中。「ワッツじゃないけど、ガマン強さをキープして、ボギーを叩かないことを心がけた結果が優勝に結びついた」という。

心境の変化の影にはエピソードがある。日本プロで79と不本意なスコアを叩いたあとの三菱ギャラン練習日。ジャンボ尾崎に叱られた。「おまえのゴルフでなんで79が出るんだ。ゴルフをナメるんじゃない。運動選手というのは運を動かすんじゃないよ、運を引き寄せるものなんだ。そんなことも分からないのか!」

調子がいいときにチャンスをものにできない。マル(丸山)との差が何なのか、もっと考えて練習しろ、とも言われたという。この言葉が「グサッと」きた。ジャンボからも決して期待されていないわけじゃない、と自信にも繋がった。

最終18番では、完全イーグル狙いの超強気のパッティングだった。もしピンに当たっていなかったら、どこまで転がったか。「自分では入ったと思っていた。外すイメージはまったくなかった。返しのバーディパットも外すシーンなんて思い浮かばなかった」という。
いかにも田中らしい強気のゴルフが運をつかみとった。

その田中を叱責したジャンボ尾崎。ふつうなら絶対の勝ちパターンだった最終日に、まったくジャンボらしからぬゴルフをしてしまった。「体調不良、パッティングも視界もぜんぶ不良、朝からフラついていたし、夏バテかも知れない。もう少しパッティングが入れば気分も充実してくるんだけどなー」
この後の試合は全米プロ。「調整は飛行機の中で考える!」と言い残した。

関連リンク

1998年 アイフルカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~