ニュース

国内男子東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉、伸ばして首位を堅持

さすがに初日、2日のようにはいかなかった。片山晋呉は後半伸び悩んだが、それでもトータルスコアをひとつ伸ばして首位の座をきっちり守った。横尾要は勢いが止まって現状維持。下からスチュアート・シンクが上がって来た。伊沢利光も3位グループへ浮上した。倉本昌弘はついに力尽きたか(?)14位へ後退。

「4日間いずれかは良い日でない時もあると思う。それでもアンダーで回れて良かった」という片山晋呉。「入りそうなラインに付いてくれなかった」ともいう。結局この日は2バーディ、1ボギー。ガマンのゴルフだった。

伊沢利光はバーディ4つ。しかしボギーも2つ出た。「けっこう厳しかったです。今日いちばん難しかったんじゃないかな。パッティングが思った通りに行ってくれない。入れた!と思ったのに外れたのが3~4回はあった」
明日は攻めるべきか安全に行くべきか、ちょっと迷っているという。

横尾要もバーディは沢山出た。計5ホール。ホギーホールは3。8番ではダブルボギーとした。上がったり下がったりした結果のパープレーだ。「今日はやっぱり8番のOB。ずっとショットが良かったから少しうぬぼれていたかも知れない。自信を持ち過ぎた・・。それに11番12番とせっかくバーディ取ったのに13番でボギー。16番でいいパーを拾ったと思ったら17番で落としたし・・」
少しちぐはぐだった。
「明日は最終組の片山より前を回るから、後ろにプレッシャーを与えるように、どんどん行きたいですね。ガンガン攻めて行きたい」

関連リンク

1999年 東海クラシック




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~