ニュース

国内男子全日空オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

首位はハミルトン。細川は2位に後退

全日空オープン2日目。首位は67のT.ハミルトンに交代となった。今日だけで5つのばした。前日首位の細川和彦は2位に一歩さがった状態。2打差3位には尾崎直道桑原克典深堀圭一郎が追い討ちをかける態勢をとっている。

5バーディ、ボギーなしで今日は5つの貯金を増やしたT.ハミルトン。バーディを取った5ホールはすべてフェアウェイを捉えていた。「フェアウェイならバーディ。この法則に従えば、フェアウェイをキープしていくことが最も重要」

ドライバーは昨日から良くなってきたがそれよりも2番アイアンを使うことが多かった。キーワードはフェアウェイのキープだ。「毎日69、70を出すのではダメ。ジャンボさんのように1日で7アンダー、8アンダーを出すようなゴルフをしないとなかな勝てない」 最近はスタンスを変え、パッティングの調子も上がってきている。

4アンダー、2ボギーとした細川和彦。「正直いってもう少し伸ばしたかった。早いうちにバーディがきたのでポチポチと思ったのに。明日、明後日は頑張りますよ」

1イーグル・2バーディ・ノーボギーの深堀圭一郎は「ちょうどスコアを伸ばそうと思っていた5番ホールでイーグルが来た」 ここでいい波に乗った。7番・12番でバーディを取り、17番ホールはチャンスを逃しパー。「17番、あそこは取り損ねた。悔しいです。でも、明日もボギーを叩かず伸ばしていきますよ」

昨日のコメントでは「ぐっすり寝て明日は60台!」と予告を出していた丸山茂樹。あまり眠れなかったのかイーブン32位。アウトからスタートしたジャンボは10番ホール終了後、腰痛のため棄権となった。

関連リンク

1999年 全日空オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~