ニュース

国内男子住建産業オープン広島ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ついに出た! ジャンボが首位タイ

ついに、というべきか、やっとと言うべきか、ジャンボ尾崎がボギーなし、完璧な7アンダープレーで首位タイに上がって来た。

去年までだったら、これでキマリだ。自分の庭のような広島CC八本松でジャンボが驀進しはじめたら、もう敵はいない。重戦車の突進のようなもので、選手たちは目を伏せて道をゆずるのが常道だった。しかし、今年はどうか。深堀、小達、谷口、鈴木・・。

<< 下に続く >>

ジャンボがこのまま勝てるかどうか。今後のジャンボのすべてが明日1日にかけられているような気がする。万一勝利を逃がすような結果になると、その影響ははかり知れないものがありそうだ。

ジャンボはいきなり連続バーディでスタートを切った。3番4番とおとなしくパーでおさめて5番6番とまた連続バーディ。一気にノッてきた。結局ショートホールで2バーディ、ミドルで2バーディ、ロングで3バーディ。

「こんなもんでいいや、と思ったらダメ。辛抱がなくなるから。でも、だいぶまとまって来た。前途洋々という感じになってきたね」

テレビを見て自分の体のターンが少ないことに気がついた。「それでターンの仕方を自分なりに改造を加えた。だいぶいい感じになったね。スウィングはうまく出来ているし、距離も出ている。前向きな気持ちになれている。まぁ、そろそろ頑張らなきゃ」

深堀圭一郎がしっかり食らいついている。バーディは1ホールだけだったが、2番ロングでセカンドの264ヤードをあわやという至近距離に付けてイーグル。これが効いた。 「今日はよく曲がった。自分の持っている小技をぜんぶ出し切ってしまった。4番でバーディパットを外してから展開が悪くなってしまった。でも4日間あれば1日くらいは悪い日もある。そう考えれば今日は上出来です」

「前途洋々」というジャンボのコメントを伝え聞いて「イヤなオヤジですねー」と言った。

小達敏昭は6バーディ、2ボギー。デコボコしながら68で回った。「今日はけっこう強く振ってもブレなかった。振ったなりの距離も出てくれた。ジャンボさん? 同じ組で1打差で、でも越えなきゃいけない壁ですからね。優勝というより、自分の内容。ま、自分との戦いですから」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 住建産業オープン広島ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!