ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹 プレーオフ2ホール目で薄氷の今季3勝目

2013/09/08 15:16

◇国内男子◇フジサンケイクラシック 最終日◇富士桜CC(山梨県)◇7,437 ヤード(パー71)

4打差の首位から出た松山英樹がスコアメイクに苦しんで最終日は一気に大混戦模様。ともに2位タイから追った谷原秀人S.J.パク(韓国)が通算9アンダーで松山を捕らえ、3人によるプレーオフとなった。18番を繰り返したプレーオフ2ホール目、松山が左フェアウェイバンカーからの難しい2打目をピンそば1メートルにつけ、ただ1人のバーディを奪い、薄氷を踏む逃げ切り劇で今季3勝目を挙げた。

前日に通算11アンダーまで伸ばし、大会史上最少スコア(通算12アンダー)更新に期待の集まった松山の最終日は、ふたを開けてみれば記録どころではなかった。この日は序盤からスコアが伸び悩み、1バーディ1ボギーで折り返したハーフターンでは、バーディラッシュで追いかける後続に肩を並べられた。バックナインはスコアだけでなく、リーダーズボード上も一進一退の大混戦となり、ピン位置の難しかった16番のパー3では池に落としてダブルボギー。なんとか単独首位でたどり着いた最終18番も、決めれば優勝の1メートルパーパットを外し、結局、3バーディ3ボギー1ダブルボギーの「73」でプレーオフ突入を許した。

東北福祉大の後輩・松山を追い上げた谷原は、終盤乱れて3年ぶりの優勝にあと一歩届かず。前半の9ホールで4バーディを重ねて一気に首位の松山をとらえたパクも、後半はバーディが止まって抜け出せず、ともに2位タイ。1打差の4位に片山晋呉とイ・ヒョンジュン(韓国)の2人。通算7アンダーの6位には松村道央横尾要の2人が入った。

関連リンク

2013年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~