ニュース

国内男子〜全英への道〜ミズノオープンの最新ゴルフニュースをお届け

今野康晴が単独首位発進 松山英樹は79位タイ

2013/06/27 18:23

◇国内男子◇~全英への道~ミズノオープン 初日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇7404ヤード(パー72)

上位4選手に7月の海外メジャー「全英オープン」の出場権が付与される一戦は、ツアー7勝の名手、今野康晴が初日「66」をマークして6アンダーの単独トップで滑り出した。

<< 下に続く >>

1打差の2位タイに片山晋呉富村真治小田龍一ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)、キム・キョンテ(韓国)、岩田寛の6選手。さらに1打差、4アンダー8位タイグループを谷原秀人高山忠洋のほか、大会ホストプロの川岸良兼手嶋多一ら12選手が形成している。

既に全英出場資格を有する藤田寛之は1アンダーの42位タイ、同じく松山英樹は1オーバーの79位タイと、やや出遅れた。

<00年チャンピオンの今野康晴が首位発進>

大会初日、午前中はほぼ無風で、昼から強い風が吹き始めたJFE瀬戸内ゴルフ倶楽部。午前、午後の平均ストロークは0.57打違うというコンディションの中、7時40分スタートの今野康晴が、好条件を生かして首位に立った。

ティオフ直後の1番をチップインバーディでスタートすると、続く2番(パー5)は残り30ヤードのアプローチがそのまま入ってイーグル奪取。続く3番(パー3)では5メートルのパットを沈め、わずか3ホールで4アンダーと飛び出した。

その後も4つのバーディを奪って、ボギーは2つ。通算6アンダーでホールアウトした今野だが、「全体的にはパターの感じが良くなかった。ついても外すというのが多かった」と状態は万全ではない。

先週は3日目の朝にぎっくり腰を発症し、「(朝の練習場で)打てなかったらやめようと思った」とギリギリの状況でスタートし、なんとか4日間を完走。今週月曜日に治療をして臨んでいる。

それでも、今大会は00年に優勝を飾った験の良い大会でもある。打ち上げや打ち下ろしが苦手という今野は、「フラットだし、優勝しているし、相性は良い」と笑う。先月5月に40歳になった男は、「最近はどっかしらずっと痛いので」と、年齢も受け入れて残り3日間に挑む。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 〜全英への道〜ミズノオープン

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!