ニュース

国内男子久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

平石武則執念のV。プロ生活19年、悲願の初優勝達成!

国内男子ツアー「久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメント」の最終日は壮絶な優勝争いとなった。最終組の優勝争いに待ったをかけたのは桧垣繁正。7アンダーの12位からスタートした桧垣は、8バーディ、ノーボギーの猛チャージで首位の平石に並び15アンダーでフィニッシュした。

最終組では3日目に首位に立った平石武則加瀬秀樹の41歳、同級生対決が展開されていた。10、11番の連続バーディで加瀬が平石に追いついたが、13番で平石が15アンダーに伸ばした。平石は15番で16アンダーにしたが、続く17番でボギーを叩き再び15アンダーへ。

終盤ショットのブレからピンチを迎えた加瀬は、何度もパーを拾い、最終18番ホールのパー5では、2オンには失敗したが3打目をしっかり寄せバーディを奪って首位に並んだ。しかし、プレーオフ1ホール目で加瀬はバーディを奪えず脱落してしまった。

桧垣と平石の死闘は4ホール目に突入。セカンドショットをグリーン奥にこぼした桧垣はパーパットも外してしまった。対する平石はピン横2メートルのバーディパットを沈め、悲願の初優勝を達成した。

「疲れました。疲れましたけど最高ですね。もう言葉には表せない」野球に打ち込んだ高校時代には、東洋大姫路高校で甲子園優勝経験がある平石。「団体の喜びと個人とは違うけど、喜び度は一緒だと思う。最近の4試合、4日間全てアンダーパーには、自分でもビックリしてます」

敗れた桧垣は、最終日にプレーオフも加えると10個のバーディを奪った。「プレーオフで負けるのは3回目・・・言葉が出ないですよ。どう考えても僕の方が有利なロングホール(18番)でしょ。弟より先に2勝目をあげたかったですよ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。