ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフ選手権 キリンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2年連続優勝を狙う片山晋呉がトップ。

キリンオープン初日、ディフェンディングチャンピオンで昨年賞金王の片山晋呉が7アンダーで首位に立った。同じく7アンダーには、1995年にこの大会で優勝し、昨年も2位タイに入ったP.シニア(豪州)が並んでいる。

「昨日、病院に行って点滴を打ってもらった。今日も今からすぐ点滴を打ってもらいます。今日はこの状態だから良かったんじゃないですかね。(グリーンの)真中に打って2パットだったらいいやと思ってプレーしていました。シンプルなゴルフを目指してプレーした。それが入ってくれたということ」
片山は10番スタートで5番ホールまでで4アンダー。その後上がりの3ホールで連続バーディを奪い7アンダーまでスコアを伸ばした。しかし、体調がすぐれず明日以降がちょっと心配だ。

単独3位には先週のつるやオープンでも単独3位に入った室田淳が、好調をキープして6アンダーで首位に1打差につけている。さらに、1打差5アンダーの単独4位に若手成長株の近藤智弘が9番パー5でイーグルを奪うなど健闘している。そして、伊沢利光も3アンダーで5位タイとまずまずのスタートをきった。

「今日は悪くなかった。ちょっとラフにいってしまったのが多かっただけ。このコースはフェアウエイに打っていかないとね。グリーンが小さいいからフェアウエイに打たないと・・・。明日は打っていくようにします」シャフトを入れ替えたばかりのクラブで、どのくらいフェードするかなど調整しながらのラウンドで3アンダーとは、明日以降が楽しみだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 アジアパシフィックオープンゴルフ選手権 キリンオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!