ニュース

国内男子マンシングウェアオープンKSBカップの最新ゴルフニュースをお届け

18番でイーグルを奪いD.ウィルソンが首位に浮上した

国内男子ツアー「マンシングウェアオープンKSBカップ」の2日目は、25度を超える気温に初夏のような気候の中で行われた。

そして順位も大きく入れ替わった。8アンダーで首位に立ったのはハワイ出身のD.ウィルソンとタイのP.マークセンの2人。5アンダー7位からスタートしたウィルソンはボギーが先行したが前半1アンダーで折り返すと、最終18番パー5で快心のイーグルを奪った。

「今日のコースは昨日とぜんぜん違うよ。風のせいで、クラブセレクションも難しいし、グリーンも相当硬い。ロングパットばかり残る」ウィルソンのコメント通り各選手風に悩まされスコアメイクに苦しんだようだ。

そして昨シーズンシード権を確保し、今シーズンも好調を維持しているマークセンは、「今日はとにかくパットが不調。1ピン以内のパットを10回くらい外したんじゃないかな。ティショットもアイアンショットも好調なんだけどね・・・」

<P.マークセンが決められなかったパットだが、グリーンも乾いた状態で前日に比べ速さがだいぶ変わってしまった。しかし、このコンディションでスコアを大きく伸ばしたのが谷原秀人だった。

1アンダー47位からスタートした谷原は、7バーディ、1ボギーでスコアを6つ伸ばした。「常に手前から手前からという感じでやってました。エッジに届けばいいという感じで。練習ラウンドを片山さんにお願いして一緒に回ってもらい、ココはエッジからゴルフしなきゃだめだよと言われて・・・」

片山の教えを忠実に守った谷原が首位に1打差に浮上してきた。同じく7アンダーには手嶋多一佐藤信人T.ハミルトンといった実力のある3人が並んでいる。好スコアを出しやすいコースだが、決勝ラウンドでは誰が抜け出してくるのだろうか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 マンシングウェアオープンKSBカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!