ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

クラークが2つのイーグルを奪い首位奪取!片山が2打差で追走

静岡県にある太平洋クラブ御殿場コースで行われている、国内男子ツアー第26戦「三井住友VISA太平洋マスターズ」の2日目。悪天候によりコースコンディションが悪いため、特別にプリファードライ(フェアウェイでは、一度マークしてボールを拾い、ドロを吹いてプレース)のルールが適用された。

初日首位発進の招待選手ダレン・クラーク(北アイルランド)が、この日も勢いは止まらず単独首位に踊り出た。クラークは、前半3番でバーディを奪うと6番でイーグルを決めて、一気にスコアを伸ばす。後半さらに11番でイーグルを奪うなど、この日2イーグル3バーディノーボギーのスコア「65」叩き出した。

<< 下に続く >>

2打差で追う2位には、クラークと同じ組でラウンドした片山晋呉。前半から果敢に攻めてスコアを5つ伸ばす猛チャージを見せる。後半も順調にスコアを伸ばしたが、初日ダブルボギーを叩いた17番でこの日はボギーを叩き、片山にとってこのコースの鬼門のホールとなりそうだ。結局クラークと同じ7つスコアを伸ばして首位を追走している。

そのほか、初日クラークと並び首位発進の川岸良兼はスコアを2つしか伸ばせず、川原希と並び通算8アンダーの4位タイ。3位スタートの谷口徹加瀬秀樹も2つしかスコアを伸ばせず、通算7アンダーの6位タイにつけた。

そのほか招待選手の動きは、リー・ウエストウッド(イングランド)が、この日順調にスコアを伸ばすも15番でダブルボギーを叩き、通算7アンダーの6位タイ。クラークと同郷のグレーム・マクダウェル(北アイルランド)は、3バーディノーボギーの安定したゴルフで6アンダーの13位タイに控えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!