ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

近藤智弘悲願のツアー初優勝は国内メジャーでの達成となった!

岐阜県の谷汲カントリークラブで開催された国内男子ツアー第5戦「日本プロゴルフ選手権大会」は、最終日になって晴天に恵まれた。優勝争いは10アンダーでフィニッシュした近藤智弘と友利勝良のプレーオフになり、近藤が1ホール目に決着をつけツアー初優勝を果たした。

7アンダー3位タイからスタートした近藤は、前半からバーディを積み重ね15番パー5でこの日5つ目のバーディ。この時点で12アンダーまで伸ばし、混戦から一歩抜け出した。しかし、終盤の16番パー3、最終18番ホールでボギーを叩き10アンダーで先にホールアウトした友利に並んでしまった。

プレーオフは18番ホールの繰り返しで行われる予定だったが、その1ホール目。両者3オンでのパット勝負となり、近藤がパーパットを沈めたが友利が外し決着がついた。近藤は、若手期待のホープとして2000年のデビューから優勝が熱望されていた。これまで2位には6回なっているが、優勝の2文字が遠かった。

2位に3打差の11アンダー単独首位で最終日を迎えた谷口徹は、スタートの1番でダブルボギーを叩いてしまった。4番パー3でもボギーを叩き2位集団に巻き込まれてしまい、通算9アンダーの3位タイ。5打差の逆転優勝を狙った片山晋呉は、バーディパットを思うように決められず谷口と並び3位タイで競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 日本プロゴルフ選手権大会




特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。