ニュース

国内男子アサヒ緑健よみうり・麻生飯塚メモリアルオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉が首位をキープ!アマの伊藤涼太は予選落ち

福岡県にある麻生飯塚ゴルフ倶楽部で行なわれている、国内男子ツアー第25戦「アサヒ緑健よみうり・麻生飯塚メモリアルオープンゴルフトーナメント」の2日目。通算10アンダーで、単独トップを守ったのが片山晋呉だ。

2週連続優勝を狙う片山が、まずまずのプレーを見せ、4バーディ、1ボギーと3つスコアを伸ばした。本人も試合後のコメントで「今日はピンの位置も難しかったし、それなりに良い出来だと思います。今後もスコアをできるだけ伸ばしていきたいですね。明日は広田選手とのラウンドになりますが、いつか決勝ラウンドで……とお互い言ってきた間柄だし、刺激になりますよ。彼に『ごめんなさい』と言わせるぐらい、いいプレーをしたいです」と語っている。

また通算9アンダーの単独2位には、一気に6つスコアを伸ばしてきた、川原希と広田悟の2人がつけ、通算8アンダーの4位タイにも、加瀬秀樹矢野東ら5人が顔を揃えている。

さらに、現在賞金ランキング2位の深堀圭一郎が3つスコアを伸ばし、通算3アンダーの37位タイへ浮上。一方、アマチュアの天才中学生、伊藤涼太は、ダブルボギーを叩くなどスコアを伸ばせず、通算2オーバーの80位タイで予選落ちを喫した。本人も「8番のダブルボギーが痛かったです。セカンドショットのミスがね・・・。今日は流れが全体的に悪くて、とくにロングホールでのダブルボギーが問題でした。凄く残念です」と振り返った。なお、伊沢利光が風邪のため、競技を棄権している。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 アサヒ緑健よみうり・麻生飯塚メモリアルオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。