ニュース

国内男子アジア・ジャパン沖縄オープンの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍は予選落ち、兄の宮里聖志がトップに並ぶ

沖縄県にある那覇ゴルフ倶楽部で行なわれている、2006年国内男子ツアー開幕戦「アジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメント」の2日目。注目の宮里藍は、この日も本来の調子を取り戻せず、通算16オーバーの120位で予選落ちを喫した。

アウトスタートの宮里は、いきなり出だしの1番でトリプルボギーを叩く苦しい展開。次の2番ではバーディを奪ったものの、3番でボギーと出入りの激しいプレーが最後まで続いた。最終的には4つのバーディを奪取したものの、6つのボギー、そしてダブルボギー&トリプルボギーが響いて、7つスコアを落として競技を終えている。

本人も試合後のインタビューで「長い2日間でした。今日は、初日よりは良かったのですが、出だしでつまづいてしまいました。一緒にラウンドした2人の足を引っ張ってしまい申し訳ないです。色々と勉強になったので、次に生かしたいですね」と振り返った。

この日トップに立ったのは、宮里藍の長兄・聖志、今野康晴横尾要の3人だ。なかでも、大会2連覇を狙う聖志は、5バーディ、1ボギーと、2日目も好調を持続。さらに、今野も7バーディ、ノーボギーと、完璧なゴルフを見せている。

また、宮里藍の次兄・優作は、4バーディ、3ボギー、1ダブルボギーとスコアを伸ばせずに通算5オーバーの83位タイ。アマチュア15歳の天才少年、伊藤涼太も1バーディ、3ボギー、1ダブルボギーと崩れて、通算7オーバーの98位タイでホールアウト。ともに予選で姿を消した。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 アジア・ジャパン沖縄オープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。