ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

川原、高山の一騎打ち!高山が地元で悲願の初優勝

三重県の東建多度カントリークラブ・名古屋で行われている、国内男子ツアー「東建ホームメイトカップ」の最終日。天気は快晴、風もほとんどなく絶好のゴルフ日和の中、最終ラウンドが行われた。

大会最終日、先に飛び出したのは、最終組の一つ前の組を行く高山忠洋。出だしの1番でバーディを奪い絶好のスタートを切った高山は、3、4番で連続バーディ、さらに9番でもバーディを奪って、混戦から一歩抜け出し前半を折り返した。

一方、最終組を回る谷口徹谷原秀人、川原希。谷口、谷原はスコアを伸ばせず苦戦を強いられる中、川原は3番から長いバーディパットを沈めてバーディ。9番ではバンカーからの2打目をピンそば1.5メートルに寄せてバーディを奪い、高山に何とか食らいついた。

続く後半、高山は順調にスコアを伸ばして9アンダーで迎えた17番パー5。3打目のバンカーショットをホームランしてしまい大きくグリーンオーバー。このホールを結局ボギーとしてしまい、8アンダーに後退。一方、川原は17番で見事2オンに成功。惜しくもイーグルパットを外してしまったが、バーディとしてようやく首位に追いついた。18番は互いにパーセーブし、通算8アンダーで並んだ高山、川原のプレーオフに突入した。

18番を繰り返して行われるプレーオフ。1、2ホール目は互いに2オン2パットのパーセーブ。勝負がついたのは3ホール目。このホールも互いにパーオンに成功する。川原がバーディパットを外した後、高山が3メートルのバーディパットをねじ込み長い戦いに終止符が打たれた。この結果、高山が地元で悲願の初優勝。2003年、同大会で1打差の2位タイに敗れた雪辱を晴らすことができた。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。