ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

大会レコードでB.ジョーンズが逆転優勝! 賞金王争いは谷口徹が逃げ切った

東京よみうりカントリークラブで開催されている、国内男子の最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の最終日。初日、2日目と首位に立っていた片山晋呉が、3日目に順位を落とし、誰が抜け出すかまったくわからない展開となった。

最終日を7アンダー首位で迎えたジーブ・ミルカ・シン(インド)は、終盤までスコアを伸ばせず苦しいゴルフ。同じく首位スタートの岩田寛は前半に2ストローク伸ばしたが、10番を3オン3パットとして痛恨のダブルボギー。上位が伸びない状態で、いち早く抜け出したのは2アンダー12位タイスタートのブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)だった。

<< 下に続く >>

6番までに3つのバーディを奪ったジョーンズは、7番パー3でボギーを叩いたが、9番から3連続バーディを奪った。そして、15番パー3からも再び3連続バーディ。最終18番パー3もピン左奥2メートルに付けバーディチャンスを迎えたが、ここは決められずパー。それでもこの日9ストローク伸ばす大会記録でホールアウトし、後続の選手を待った。

最終ホールまでジョーンズと並ぶチャンスがあったのは谷口徹、シン、ウェンチョン・リャン(中国)の3人。10アンダーで最終18番にやってきた谷口は、1オンできずパーフィニッシュ。シンとリャンは最終組でラウンドし、17番パー5で共にバーディを奪い11アンダー。18番がパーならプレーオフという状況だった。

しかし、シンはティショットをショートすると、アプローチがピンをオーバー。下りのパーパットを外すと、下りのボギーパットも外してしまった。リャンはティショットが大きく、左サイドの斜面へ。アプローチはクラブフェースの先に当たる、いわゆるシャンク。2人揃ってダブルボギーを叩き、ジョーンズの逆転優勝が確定した。

注目のアマチュア石川遼は、この日もショットは良かったが、パッティングが決まらず中盤スコアを崩してしまう。ところが、最終18番パー3は、下りのデリケートなラインを読みきってバーディ。出場26名中、唯一このホールでバーディを奪い、大観衆の声援に応えた。最終戦までもつれた賞金王争いは、通算10アンダーの単独2位でフィニッシュした谷口が獲得。5年ぶり2度目の賞金王の座に輝いた。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!