ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

I.ポールターが3打差をつけて完勝! 石川遼は32位タイで終える

宮崎県にあるフェニックスCCで開催されている、国内男子ツアー第22戦「ダンロップフェニックストーナメント」の最終日。日は差すものの4日間でもっとも風が強いコンディションに見舞われ、正午を過ぎても肌寒さを感じるほど。各選手、スコアが伸び悩む展開となった。

優勝争いは、中盤まで海外招待選手のイアン・ポールタールーク・ドナルドのイングランド勢が凌ぎを削る展開に。バックナインでスコアを落とし失速したドナルドに対し、ポールターはスコアを1つ伸ばし、2位以下に3打差をつける通算11アンダーで勝利を飾った。昨年大会で6位タイに終わったリベンジを2度目の参戦で見事に果たし、「来年も、ももちろん出場します」との言葉を残して会場を後にした。

通算イーブンパーの25位タイからスタートしたアマチュアの石川遼(16=杉並学院高)は、この日は8番パー4の1打目が木に当たりロストボールになるなどの不運にも見舞われ、3バーディ、5ボギー、1ダブルボギーの「74」。谷口徹と並び、通算4オーバーの32位タイで大会を終えた。

通算8アンダーの単独2位には、海外招待選手のゴンサロ・フェルナンデスカスタノ(スペイン)。通算7アンダーの3位タイには、途中で失速したドナルドと、2バーディノーボギーの「68」でラウンドした片山晋呉が入った。8年ぶりの大会参戦となった丸山茂樹は、通算3アンダーの10位タイで終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。