ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

豪州勢が上位にズラリ! 谷口徹と石川遼は一歩後退!

静岡県御殿場市の太平洋クラブ御殿場コースで行われている、国内男子ツアー第21戦の「三井住友VISA太平洋マスターズ」3日目。この日は1日を通して厚い雲が覆い、正午過ぎまで小雨がパラつく生憎の空模様。気温は11度前後までしか上がらず、吐く息が白く見えるほどの寒さに見舞われた。

その中で、単独2位からスタートしたブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)が通算12アンダーとして単独首位に浮上。同じく最終組でラウンドした海外招待選手のアダム・スコット(オーストラリア)も2つスコアを伸ばし、通算10アンダーの単独2位で最終日を迎える。一方、通算11アンダーの単独首位からスタートした谷口徹は、7番まで2つスコアを伸ばしペースを握ったかに見えた。しかし、直後の8番、9番と連続ボギー。16番、17番でもボギーを叩いてしまい、この日「74」。通算9アンダーの単独3位に後退している。

通算3アンダーの28位タイからスタートした石川遼は、パーオンするもののバーディパットがことごとくカップを逸れる。バーディは、8番パー4で3メートルを沈めた1つのみ。「スイング自体は昨日よりも良かったです」と振り返ったが、5番パー4では左の林に打ち込んでしまう。ここはナイスリカバリーでパーとするも、続く6番パー5では、残り245ヤードの2打目を池に入れてボギーに。バックナインに入った12番パー4でも、2メートルを外してボギー。結局この日は1バーディ、2ボギーの「73」と、目標のアンダーパーには1打及ばず。通算2アンダーの36位タイと後退し、明日の最終日を迎える。

また、谷口徹と激しい賞金王争いを演じている片山晋呉は、2つスコアを伸ばして通算6アンダーの8位タイに浮上した。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!