ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

谷口徹、鮮やかな逆転劇!片山、深堀を振り切って2度目の日本一!

神奈川県の相模原ゴルフクラブで開催されている「日本オープン」最終日。3日目までの陽射しはなく、朝から曇り空が続いたが、風は全く吹かなかった。5アンダー単独首位でスタートした小田孔明は、前半からボギーを連発するなど安定感が見られずスコアを落とした。そして12番で痛恨のダブルボギーを叩き、優勝争いから脱落してしまう。

優勝争いは片山晋呉深堀圭一郎、そして、1オーバー5位タイスタートの谷口徹の3人に絞られた。片山は05年、深堀は03年、谷口は04年の日本オープン覇者。まずチャージを賭けてきたのは谷口。1番、2番を連続バーディでスタートすると、6番では10メートルの上りパットを決め、そこから3連続バーディ。10番でも伸ばし単独首位に浮上した。

追いかける片山は、1番でボギーを叩いたが、粘りのゴルフで食らいついた。13番でこの日2つ目のバーディを奪い、この時点で4アンダーの谷口に追いつき首位タイとなったが、続く14番パー3でボギー。深堀も14番パー3でグリーン奥のラフからチップインバーディを奪い1打差の3アンダーまで迫った。

ところが、追いかける片山、深堀が詰めきれず、逆に谷口は最終18番パー5できっちりバーディを奪い通算5アンダーで優勝を決めた。谷口は04年大会の片山津ゴルフ倶楽部以来の日本オープン2勝目となる。

2打差の3アンダー単独2位は片山、2アンダー単独3位は深堀。1アンダー単独4位は藤田寛之。7人のアマチュアが決勝ラウンドに残ったが、ベストアマを獲得したのは、上がり2ホールで連続バーディを奪い通算8オーバーでホールアウトした池田勇太(東北福祉大4年)が4年ぶり2度目の栄冠を掴んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。