ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

丸山大輔、苦しみながらツアー2勝目!夢はアジアへ

京都府にある城陽CCで行われている国内男子ツアー第14戦「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープン」の最終日、2位に4打差をつける単独首位からスタートした丸山大輔が、最終日は3ボギーとスコアを落としたが、前日までの貯金が効いて、2位に3打差をつけて05年以来となるツアー2勝目を飾っている。

独走とはいえ、4年ぶりの勝利は簡単には手に入らない。丸山は前半を1ボギーで折り返すと、後半に入っても13番、15番でボギーを叩く。この日、アンダーパーで回ったのは僅かに4人。厳しいピンポジションに多くの選手が苦しむ中、丸山は最後まで耐え抜いて通算8アンダーでホールアウト。2位に4打差をつけて、逃げ切り優勝を果たしている。この優勝でアジアンツアーのシード権も手に入れた丸山。夢の舞台はアジアへと飛躍する。

<< 下に続く >>

2位に続いたのは、池田勇太金庚泰(韓国)、W.リャン(中国)の3選手。通算2アンダーの5位に金亨成(韓国)が入った。

ホストプロとして今大会に臨んだ石川遼は、中盤4つのボギーを叩いたものの、上がり2ホールの連続バーディで盛り返し、この日は4バーディ5ボギーの「72」。ひとつスコアを落としたものの、順位は16位タイへと浮上して、4日間の戦いを終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!