ニュース

欧州男子シンガポールマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 シンガポールマスターズ
期間:03/08〜03/11 場所:ラグーナナショナルG&CC(シンガポール)

W-C.リャンがプレーオフを制しツアー初優勝! 片山晋呉は30位タイ

シンガポールにあるラグーナナショナルG&CCで開催されている、欧州男子ツアー第14戦「シンガポールマスターズ」の最終日。通算11アンダーでW-C.リャン(中国)とイアン・スティール(マレーシア)の2人が首位に並び、プレーオフへ突入。これを制したW-C.リャンが優勝の栄冠に輝いた。

首位争いは最終ホールまで緊迫した展開となった。首位タイでスタートしたリャンは、15番でトリプルボギーを叩くなど、思うようにスコアを伸ばせない。一方、4位タイからスタートしたスティールも、序盤からスコアを順調に伸ばしていたが、16番で痛恨のダブルボギー。お互いに終盤の決め手を欠いたまま、サドンデスのプレーオフに突入した。18番パー4で行われた1ホール目、スティールがティショットを池に入れてしまい、万事休す。日本ツアーでも馴染み深いリャンが、欧州ツアー初制覇を遂げた。

<< 下に続く >>

通算10アンダーの単独3位には、スコアを1つ伸ばしたサイモン・ダイソン(イングランド)。通算9アンダーの4位タイには、ジャン・バンデベルデ(フランス)を始め、アンソニー・ウォール、デビッド・リン、ニック・ドハティのイングランド勢3人が入っている。

日本人としてただ一人決勝ラウンドに進んだ片山晋呉は、出入りの激しいゴルフでスコアを1つ落とし、通算4アンダーの30位タイで4日間の競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 シンガポールマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!