ニュース

欧州男子ドバイデザートクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

E.エルスが単独首位!タイガーは3打差の単独5位、手嶋多一は13位タイに浮上!

UAE、ドバイにあるエミレーツGCで開催されている、2007年欧州ツアー第10戦「ドバイデザートクラシック」の3日目。この日は日没サスペンデッドとなった第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われた。第2ラウンドを終え、単独首位は通算14アンダーでロス・フィッシャー(イングランド)。アーニー・エルス(南アフリカ)は1打差の単独2位で終えた。

第3ラウンドは、通算17アンダーまでスコアを伸ばしたエルスが単独首位で終了。この日のエルスは6バーディ、2ボギーと4つスコアを伸ばし、昨年プレーオフで敗れた雪辱を果たすべく優勝に王手をかけた。続く2位タイには、単独首位からスタートしたフィッシャー、日本でも1勝を挙げているJ.ランダワ(インド)が通算15アンダーとしている。

<< 下に続く >>

注目のタイガー・ウッズ(アメリカ)は7位タイからのスタート。前半は1つしかスコアを伸ばせなかったが、バックナインで4つバーディを奪い通算14アンダーフィニッシュ。首位のエルスに3打差と2連覇を射程圏内にとらえ、明日の最終日を迎える。

期待の高まる日本の手嶋多一は、ボギースタートと苦しい発進。前半は流れを変えることが出来ず2つスコアを落としたものの、後半に入って巻き返しを見せ、4連続バーディを含む6つのバーディを奪取。結果的には通算10アンダーまでスコアを伸ばし、13位タイに浮上している。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ドバイデザートクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!