ニュース

欧州男子アルフレッドダンヒル選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2006年 アルフレッドダンヒル選手権
期間:12/07〜12/10 場所:レオパードクリークGC(南アフリカ)

C.シュワルツェルが単独トップ! L.ウェストウッドも単独4位に浮上

南アフリカのムプマランガにあるレオパード・クリークGCで開催されている、2007年の欧州ツアー第5戦「アルフレッドダンヒル選手権」の2日目。通算8アンダーでチャール・シュワルツェル(南アフリカ)が単独首位に立った。

シュワルツェルは13番から15番にかけて3連続バーディを奪うなど、計7つものバーディを奪取。途中ボギーも3つ叩いたものの、スコアを4つ伸ばすことに成功している。

<< 下に続く >>

通算6アンダーの2位タイには、オリバー・ウィルソン(イングランド)、ラファエル・カブレラベロー(スペイン)の2人が続き、通算5アンダーの単独4位に、7バーディ、1ボギーでスコアを一気に6つ伸ばしてきたリー・ウェストウッド(イングランド)が浮上。

大会連覇を狙うアーニー・エルス(南アフリカ)は1イーグル、4バーディと攻めの姿勢を見せたが、最終的には4ボギー、1ダブルボギーを叩くなど出入りの激しいゴルフ。結局スコアを伸ばせず、通算イーブンパーの34位タイで2日目を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 アルフレッドダンヒル選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!