ニュース

欧州男子ベットフレッド英国マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

8連続バーディのレムケが2位浮上 谷原と宮里は予選落ち

◇欧州男子◇ベルフレッド英国マスターズ 2日目(10日)◇ヒルサイドGC(イングランド)◇6953yd(パー72)

2位から出たマット・ウォレス(イングランド)が5バーディ、ボギーなしの「67」で回り、通算12アンダーとして単独首位に浮上した。初日からノーボギーを続ける安定したプレー内容で、後続に1打差をつけて決勝ラウンドに乗り込む。

通算11アンダーの2位にニコラス・レムケ(スウェーデン)、リッチー・ラムゼイ(スコットランド)、ロス・フィッシャー(イングランド)、トーマス・デトリー(ベルギー)の4人。「64」をマークしたレムケは、前半13番からツアー史上2番目の記録となる8連続バーディを決めた。最多は2月「ISPS HANDA ヴィックオープン」でジェームス・ニティーズ(オーストラリア)が記録した9連続。

今年度の大会ホストを務めるトミー・フリートウッド(イングランド)は「69」とし、通算7アンダーの11位で決勝ラウンドに進んだ。

91位から出た谷原秀人は「71」にとどまり、通算イーブンパーの96位で予選落ち。126位と大きく出遅れた宮里優作も「70」と伸ばしたが、通算1オーバーの110位で予選落ちに終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ベットフレッド英国マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。