ニュース

欧州男子オマーンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

第2ラウンド終了 谷原7位、川村19位で決勝へ 宮里は32位に後退

2019/03/02 19:59


◇欧州男子◇オマーンオープン 3日目(2日)◇アルモウジG (オマーン)◇7365yd(パー72)

順延になっていた第2ラウンドが終了し、マキシミリアン・キーファー(ドイツ)とヨアキムB・ハンセン(デンマーク)が通算5アンダーの首位タイに浮上した。リーダーボードトップに立ち、引き続き行われる決勝第3ラウンドに臨む。

前日に続いて強風が吹くコンディションの中、谷原秀人は第2ラウンドを「72」とし、首位に3打差の通算2アンダー7位タイ。前日に第2ウランドを終えていた川村昌弘は、通算イーブンパーの19位で週末に進む。

暫定3位から18ホールをプレーした宮里優作は後半5番(パー3)で7打を叩いたほか、3バーディ、4ボギー1ダブルボギーの「79」と崩れ、通算2オーバーの32位に後退した。

※2日7時23分配信の「砂嵐でサスペンデッド 宮里優作はスタートできず暫定3位」を差し替えました

砂嵐でサスペンデッド 宮里優作はスタートできず暫定3位

◇欧州男子◇オマーンオープン 2日目(1日)◇アルモウジG (オマーン)◇7365yd(パー72)

3人を残して日没順延となった第1ラウンドに続いて第2ラウンドが行われ、最大風速15m/sを超えるサンドストームにより午前11時38分に中断へ。そのまま再開はかなわず、大半の選手がスタートできないまま連日の順延が決まった。

通算6アンダーの暫定首位に、16ホールを終えたヨアキムB・ハンセン(デンマーク)と、13ホールを終えたカート・キタヤマ(米国)。通算5アンダーの暫定3位に、「70」でホールアウトしたマキシミリアン・キーファー(ドイツ)、スタートできなかった宮里優作スコット・ジェイミソン(スコットランド)が続く。

谷原秀人は17ホールを終えて1ストローク落とし、通算1アンダーの暫定31位。川村昌弘は6バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「71」とし、通算イーブンパーの暫定44位で終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 オマーンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。