ニュース

欧州男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2009年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/13〜08/16 場所:ヘーゼルタインナショナルGC(米国)

タイガーが単独首位! 藤田が好スタート、石川遼は69位タイ

米国男子メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」が8月13日(木)、米国ミネソタ州のヘーゼルティン・ナショナルGCで開幕した。午前中は強い日差しが振り注いだが、午後からは雲り空となり、気温も上がり過ぎず絶好のコンディションに恵まれた。

5アンダーで単独首位に立ったのは、今大会5回目のタイトルを狙うタイガー・ウッズ。「ショットが良かった」と、7,674ヤードとメジャー史上最長を誇るコースを安定性の高いコースマネジメントで攻略し、5バーディ、ノーボギー。特にパー5で3つのバーディを奪うなど、チャンスホールで確実にスコアを伸ばした。1打差で追うのは、タイガーと同組で回ったディフェンディングチャンピオンのパドレイグ・ハリントン(アイルランド)。前週の「WGCブリヂストンインビテーショナル」では、タイガーと優勝争いを演じながら終盤に力尽きた。その両雄が、今週も再び優勝争いを演じている。

<< 下に続く >>

今大会初出場を果たした石川遼は、ショットは好調なものの、ラフからのアプローチに苦しみボギーが先行する展開。最終的に3バーディ5ボギー、2オーバーの69位タイで終えた。「良いゴルフができたし、自分なり満足しています」と、プレー面では納得しているものの、明日の2日目は予選通過ライン(70位タイ)を見据えてのプレーを強いられる状況となった。

日本勢最高位は、1アンダーの17位タイでホールアウトした藤田寛之。「全力でプレーしました。1アンダーには満足しています」と、明日以降も期待を抱かせてくれる好スタートを切った。片山晋呉は3オーバーの95位タイとやや出遅れたが、「内容は悪くないけど、スコアになっていないだけ」と、気持ちは前向き。今田竜二は開幕前からのドライバーの不調が修正できず、4オーバーの110位タイとしている。他の上位では、ビジェイ・シン(フィジー)、デビット・トムズらが3アンダーの3位タイ。ロリー・マキロイ(北アイルランド)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)は、藤田と同じ1アンダーの17位タイにつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!