ニュース

欧州男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2000年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/17〜08/20 場所:バルハラGC(米国ケンタッキー州)

タイガー 完璧の6アンダー発進 同年3メジャー制覇へ驀進中。

「一人だけ違うステージで戦っている男」と言われる。「タイガーvsその他全員の戦い」とも評される。きっと勝つだろう、いや勝って当然・・と言われながら、だからといって例えばオッズが2対1とか3対1という圧倒的な賭け率になることはない。

この全米プロ、タイガーの数日前のオッズはエルスと同率の10対1というものだった。10対1というのは「非常に勝つ可能性が高いが、もちろん絶対なんてことはない。負けてもちっとも不思議はないさ」というレベルだ。冷静なゴルフファンなら、当然こうした考え方をする。つまり、バランスのとれた常識の世界。

<< 下に続く >>

タイガー・ウッズは常識を破る男らしい。全世界の注目と、全世界からのプレッシャーの中で、期待通りにタイガー・ウッズは首位でスタートを切った。4連続バーディを含む7バーディ、1ボギー。スコット・ダンラップと分け合う堂々のトップスタートだ。ここでまた「常識」を持ち出せば、こうした展開になってタイガーが勝ちを逃がすなんてあり得ない。3日後には47年ぶり、ベン・ホーガン以来の同年3大メジャー制覇が達成される。すごい! おめでとう!

全米オープンや全英オープンほどではなかったが、相変わらタイガーのプレーは安定しまくっていた。2番ロングでバンカーからうまい寄せを見せてまずバーディ。5番でボギーとしたが、7番では半分入りかかったイーグル逃がしのイージーバーディ。ここから8番、9番、10番と入れまくってたちまち4アンダー。12番でも4メートルを入れて5アンダー。最終ロングはバンカーからこれも絶妙の寄せで簡単にバーディ。トータル6アンダー、66。

タイガーのプレーだけ見ていると、ゴルフがなんとも簡単に見える。フェアウェイに打っておいて、グリーンをとらえて、入ればバーディ。入らなければパー。それだけのことでしかない。

だがもちろん、これはタイガーの特異現象だ。たまたまスコット・ダンラップも6アンダーをマークしているが、これは「たまたま」のスーパーエクセレントプレー。あとのダレン・クラークとかラブIIIの4アンダー、3アンダー程度のゴルフがこのバルハラというコースの難易度にマッチした「適切なベストプレー」というべきだろう。

日本勢では田中秀道が善戦、一時は2アンダーまで伸ばしたが後半後退、17番で再度1アンダーに浮き上がって最終18番ロングのバーディに期待をつないだが、これが逆目に出てボギー。惜しい感じのイーブンパーに終わった。推定順位は23~24位程度に落ち着きそうだ。

早いスタートの伊沢利光も粘りのゴルフで37-36の73。まずまずの1オーバープレーだ。清楚な白いウェア(!)に髭がけっこう似合っていたジャンボ尾崎は12番、16番のダボが痛かったものの終盤盛り返して、これもまずまずの2オーバー。そしてアウト健闘の片山晋呉はインで別人のように崩れて4オーバー(36-40)。日本の切り札(?)丸山茂樹も痛い2つのダボで5オーバーフィニッシュ。前週ビュイック・オープン6位で期待された尾崎直道はパワーを使い果たした形で、いいところのない9オーバー(39-42)。

米ツアーでは日常茶飯だが、この日も進行は遅れがちで結局全員のホールアウトはできず、8時27分にサスペンデット決定となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!