ニュース

欧州男子フランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 フランスオープン
期間:06/26〜06/29 パリ、ル・ゴルフ・ナショナル(フランス)

40歳での初優勝!! P.ゴールディングが逃げ切った!

2003年欧州ツアー第24戦『フランスオープン』(Open de France)が6月26日(木)から6月29日(日)までの4日間、フランスのパリにあるLe Golf Nationalで開催された。

初日に6アンダーで首位タイにつけた40歳のフィリップ・ゴールディングが、3日目に首位に再浮上すると、最終日も3ストローク伸ばし15アンダーで優勝を飾った。最終組でラウンドしたゴールディングは、最終18番ホールをデビッド・ハウエルと同じ14アンダーで迎えた。

パーならプレーオフ、バーディ以上でツアー初優勝というプレシャーのかかる場面だった。しかしゴールディングはそれまでの3日間、この18番パー5で必ずバーディを奪ってきた。そのことがゴールディングにとってプラスに作用し、大事な場面でもバーディを奪うことができた。

1打差で優勝を逃したハウエルは、2日目に7ストローク伸ばしゴールディングと同じ2位に浮上した。その後もスコアを伸ばしたが、1打及ばず同じイングランド出身のゴールディングに華を持たせた形になってしまった。

2日目に10アンダーで単独首位に立ったデンマークのトーマス・ビヨーンは、決勝ラウンドの2日間でまったくスコアを伸ばせず、10アンダー12位タイで終了。対象的に追い上げを見せたのは、イングランドのジャスティン・ローズだった。最終日は7バーディノーボギー。6アンダー23位から、13アンダーまで伸ばしてきたが、スパートが1日遅かったようだ。

地元フランス勢では、ワールドランキングも最上位のラファエル・ジャクリンに期待が掛かった。3日目に10アンダー7位に浮上してきたのいだが、最終日に2バーディ、2ボギーのイーブンパーと伸び悩み12位タイで終了した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 フランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。