ニュース

欧州男子バークレイズ・シンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

池田は惜しくも予選通過ならず、暫定首位はT.ビヨーン

◇欧州男子◇バークレイズ・シンガポールオープン 3日目◇セントーサGC (シンガポール)◇7372ヤード(パー71)

悪天候により連日のサスペンデッドが続いている今大会。この日は第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われたが、全選手が第3ラウンドを消化できず、日没サスペンデッドとなった。

大会3日目、通算9アンダーで暫定首位に立ったのは、トーマス・ビヨーン(デンマーク)。第1ラウンドに続き、第2ラウンドも順調にスコアを伸ばしていった。1打差で追う通算8アンダーの暫定2位にはクリス・ウッド(イングランド)、第2ラウンドでスコア「65」を叩き出し優勝争いに加わっている。また、通算7アンダーの暫定3位には、第2ラウンドで8つのバーディを奪い急浮上したジョージ・クッツェー(南アフリカ)がつけた。

日本勢では、第2ラウンドを終えたところで池田勇太が予選カットラインに1打届かず、通算2オーバーの74位タイ。平塚哲二片岡大育は通算3オーバーの88位タイ。矢野東は通算4オーバーの98位タイ。小林正則は通算8オーバーの126位タイ。塚田好宣は通算14オーバーの142位タイでホールアウト。初日の丸山大輔に続き、丸山茂樹も途中棄権することになり、日本勢は今大会に8人出場していたが誰も予選通過を果たすことはできなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 バークレイズ・シンガポールオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。