ニュース

欧州男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 オリンピッククラブ(米国カリフォルニア州)

マクドウェル&フューリックが首位タイ ウッズ5打差で混戦の最終日へ

◇米国男子◇全米オープン 3日目◇オリンピッククラブ(カリフォルニア州)◇7170ヤード(パー70)

2012年の海外メジャー第2戦は第3ラウンドを終えて、歴代の全米王者が首位タイに並んだ。03年大会を制したジム・フューリックと、10年覇者のグレーム・マクドウェル(北アイルランド)が通算1アンダー、単独3位のフレドリック・ヤコブソン(スウェーデン)に2打差をつけて最終日を迎える。

トップとは3打差、通算2オーバーの4位タイにはこの日「67」をマークしたリー・ウェストウッド(イングランド)、「68」のアーニー・エルスら4人。そして予選ラウンドを終えて首位タイだったタイガー・ウッズは「75」と崩れ、通算4オーバーの14位タイに後退した。

6オーバーの42位タイで日本勢で唯一決勝ラウンドに進んだ藤田寛之は、2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの「73」でまわり、通算9オーバーの47位タイに順位を下げている。

<マクドウェル、2010年に次ぐ2勝目に王手>
ムービングデーの流れに乗り、4位タイから首位に並ぶ浮上を果たしたマクドウェル。ぺブルビーチゴルフリンクスで開催された2010年「全米オープン」の覇者がその2年後、同じカリフォルニアの舞台で大会2勝目のチャンスを引き寄せた。

首位に2打差で迎えた最終日。難度の高いホールが続くスタートホールの1番から6番までを全てパーで乗り切ると、9番でボギーが先行するも、直後の10番でバーディを獲り返す。そして、比較的距離が短いホールが続く中盤から終盤に入って加速。13番(パー3)でもバーディを奪うとその後もパーで凌ぎ切り、首位に1打差で最終18番を迎えた。

緊迫した空気に包まれる中、ティショットを確実にフェアウェイ左サイドに運ぶと、打ち上げの2打目はピンそば1mに絡むスーパーショット。バーディフィニッシュで首位に並び、最終日最終組の権利を獲得した。明日は、03年大会の覇者フューリックとの直接対決。予選ラウンドでも同組で回った2人が、互いに大会2勝目をかけて再び相まみえる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。